• 洗顔・クレンジング
  • ヘアケア
  • スキンケア
  • ボディケア
  • メイク
  • 男性用
  1. ホーム >
  2. 全成分表示について

全成分表示について

はじめに

「○○の容器には、なぜ内容成分が書かれていないのですか?」
「私は◇◇アレルギーなのですが、この商品に◇◇は入っていませんか?」
「なぜ、このような全成分表示をするの?」
成分についてのお問い合わせをいただくことがあります。

大切なお肌に直接お使いいただくものですから、何が入っているのかをお知りになりたいというのは、当然の感覚だと思います。

今までの化粧品は表示指定成分だけが表示されていました。しかし、薬事法の運用が大幅に改正され、2001年4月より医薬部外品を除く化粧品に対して”全成分”を表示することになりました。この改正により、お客様がお使いになる化粧品が、どんな成分でつくられているのかが、すぐにお分かりいただけるようになります。

“全成分表示”って何?

化粧品に配合されている全成分について、成分の名称を表示することです。成分とは、化粧品に配合している一つひとつのものをいいます。 これからは、商品の外箱や容器などに、“水”をはじめとして見なれない成分名が、たくさん見られるようになります。

なぜ、全成分表示をするの?

化粧品を製造したり、販売したりするためには、薬事法という法律を守らなければなりません。2001年4月からこの薬事法における表示の制度が改正され、化粧品は一品毎に全成分表示にすることが、義務づけられました。

成分の並び方は?

全成分表示の成分は上から配合量の多い順に、一定配合量以下の成分については順不同で表示してあります。

全成分表示はどこに記載されるの?

店頭で商品を手に取っていただいた時に、ご覧になりやすいように商品の外箱やパッケージ等に表示されます。

全成分表示位置

それぞれの成分の働きを教えて?

成分に関するお問い合わせはお客様相談室までお寄せください。

成分の濃度を教えて?

成分の濃度はメーカーのノウハウであり、申し訳ございませんが、お知らせできません。

私はアレルギー体質なのですが、どのような化粧品を選べばよいの?

アレルギー体質で皮膚が敏感な方は、十分な注意のもとで化粧品をお使いいただく必要があります。 あらかじめ皮膚科医等にご相談のうえ、化粧品をお選びいただくことをおすすめします。 ご自分のアレルギー成分がわかれば、化粧品に全成分が表示されるようになることで、その成分が入っていない化粧品を選ぶこともできます。

生活者にとってのメリットは?

配合成分が全てわかることで、お客様はご自分がお使いになる化粧品の情報量が増え、商品を選択する時、自分の体質や嗜好に合った商品を選びやすくなります。 また、万が一トラブルが発生してしまった時、全成分が表記されたパッケージを、病院へお持ちいただければ皮膚科専門医は原因究明をスムーズに行うことができます。

 

ページトップへ